日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

10.内間木洞

総延長6,000mを超える国内有数の鍾乳洞

一般公開は年2回のみ

 国内有数の長さを誇る鍾乳洞で、総延長は6,350mにもなります。洞内には「千畳敷」と呼ばれる大空洞をはじめ、4つの主洞(北洞、南洞、稲妻洞、風寒洞)と多くの支洞があります。普段は久慈市が管理し、一般には洞窟内に入ることはできませんが、2月の「氷筍(ひょうじゅん)観察会」と7月の「内間木洞祭り」の年2回だけ公開されています。氷筍は、冬場の洞内の天井から落ちる水滴が地面で凍りつき、筍(たけのこ)状に成長したもので、大きなものは2mを超えます。暗い洞内で照らし出される氷の造形は幻想的です。

内部の様子

内部の様子

このジオサイトの詳細情報サイト

関連するブログ記事

2015年9月15日

さんりくジオだより第16号を公開しました!

さんりくジオだより第16号 をダウンロードページにて公開しました! 三陸ジオパーク(主会場:久慈市)...続きを読む »

2014年6月16日

大地の記憶 生命の軌跡④

連載4回目は「氷筍」で知られる久慈市の内間木洞と海底火山の噴火の痕跡である枕状溶岩の特集です。 洞窟...続きを読む »

マップ