日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

112.岩井崎(いわいさき)

岩井崎

化石がい層を形成

岩礁に船が難破することが多いことから地獄ヶ崎と呼ばれていましたが、江戸時代、ここを訪れた仙台藩5代藩主・伊達吉村公が祝崎と改め、13代慶邦公が歌に詠み、今の岩井崎という地名になりました。
灯台付近の灰色の岩にヒトデやウニの仲間のウミユリ、石浜の白い石灰岩にサンゴ、そして、岬の西側の小さな防潮堤付近にフズリナと呼ばれる海底にすんでいた動物の化石がい層を作っています。岩井崎の石灰岩は当時の赤道付近のサンゴ礁が長い年月をかけて北上してきたと考えられています。

岩井崎

ウミユリの化石

打ち寄せる波と雨水が長い年月をかけて石灰岩を侵食し、牙状の奇石の並ぶ地形を作り、また海食洞と潮吹きの縦穴をつくりました。以前は潮が見上げるばかりに吹き上がりましたが、震災後は規模が小さくなりました。地盤沈下の影響かもしれません。しかし、干潮の時に海が荒れていると見事な潮吹きを見ることができます。

 

関連するブログ記事

2016年5月2日

大地の記憶生命の軌跡28

連載28回目は気仙沼市のジオサイトについてです。 三陸ジオパークの南の玄関口、気仙沼市。東北地方太平...続きを読む »

マップ