日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

15.普代水門

町を守った巨大水門

高さ15.5mは東北最大級

 1967年と1984年にそれぞれ完成した太田名部防潮堤と普代水門。高さはいずれも15.5mで東北最大級です。建設当時の一般的な防潮堤の高さが10m程度であったため、建設を反対する声もありましたが、当時の村長らが15mといわれる明治の津波の高さを想定し、建設が進められました。2011年の津波は高さ20m程度だったためこれらの防潮堤を超えましたが、村の中心部では津波の浸水を免れ、民家の被災・死者数ともにゼロでした。防潮堤の前に建つと、その大きさに驚かされます。

太田名部防潮堤

太田名部防潮堤

このジオサイトの詳細情報サイト

関連するブログ記事

2016年5月27日

大地の記憶生命の軌跡29(最終回)

連載29回目は震災遺構についてです。 津波の脅威、教訓を如実に語る震災遺構。言葉にはない直接的な「説...続きを読む »

2015年9月15日

さんりくジオだより第16号を公開しました!

さんりくジオだより第16号 をダウンロードページにて公開しました! 三陸ジオパーク(主会場:久慈市)...続きを読む »

マップ