日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

31.大槌小鎚

湧水のまち

イトヨも暮らす清らかな水

大槌町の中心部である大槌川と小鎚川に挟まれた町方地区には、170箇所もの自噴井(じふんせい)があります。この自噴井は地中にしみ込んだ雨水が河口付近の扇状地に湧き出すもので、古くから生活用水として使われてきました。大槌川支流の源水川は淡水型イトヨの県内唯一の生息地と知られ、貴重な生態の保護活動が行われています。
また、震災で甚大な被害を受けた大槌町では語り部ガイドが震災被害や復興の過程、自噴井などを案内しています。自然の脅威と恵みの狭間で生きる大槌のくらしに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

このジオサイトの詳細情報サイト

関連するブログ記事

2016年5月27日

大地の記憶生命の軌跡29(最終回)

連載29回目は震災遺構についてです。 津波の脅威、教訓を如実に語る震災遺構。言葉にはない直接的な「説...続きを読む »

2016年1月29日

いわてのジオのモノがたり41

連載41回目! 津波の惨禍を後世に伝える津波記念碑。 過去の教訓に従い、高台へ住居を移しても行方不明...続きを読む »

2016年1月22日

いわてのジオのモノがたり40

連載40回目! 津波の惨禍を後世に伝える津波記念碑。 三陸沿岸の各地に多数残されていますが定期的なメ...続きを読む »

2015年2月18日

大地の記憶生命の軌跡⑬

連載13回目は、「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われている大槌町の蓬莱島と、「世界唯一」の交...続きを読む »

関連する動画

マップ