日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

40.気仙産金

戦前に隆盛を極めた金山跡

三陸にもかつてゴールドラッシュがあった!?

今出山金山跡(大船渡市)

今出山金山跡(大船渡市)

 大船渡市、住田町、陸前高田市、気仙沼市には、中世から戦後にかけて開発されたもののほか、古くは古代に開山されたと言い伝えられるものまで、金鉱山跡や関連する史跡が多数残されています。
 陸前高田市の玉山金山は、氷上山の山腹に開かれており、坑道跡や鉱山町の建物跡などを見ることができます。住田町の気仙川沿いでは現在でも砂金が産出します。気仙沼市鹿折金山では、明治37年に重さ2kgを超える巨大な自然金が見つかったことで知られています。昭和50年代まで稼働していた大谷鉱山では、選鉱所跡をはじめとする遺構から、当時の繁栄の様子をうかがい知ることができます。

ひっそりと残る賑いの跡

大船渡市の今出山(標高756m)は、山頂付近がツツジで満開になるハイキングコースが有名ですが(5月下旬から6月上旬が見頃)、その山腹には戦後にかけて採掘されていた金の坑道や鉱山町の痕跡が残っています。甫嶺(ほれい)の集落から山頂にかけて、案内板や石碑が設置された遺構や坑道跡が残されているので、ハイキングをかねて、かつて賑わいを見せた鉱山跡を散策してみてはいかがでしょうか。

砂金掘り体験

 黄金がまばゆいばかりの平泉中尊寺金色堂。そこに使われたのは気仙の金、と言い伝えられるのは、それだけの産出量を誇ったため。各地の資料館では、産金関連の資料や道具が多数展示されています。住田町内の気仙川は、昭和30年代に親指大の砂金が見つかるなど、砂金が取れることで知られています。現在もインストラクターの指導を受けながらの砂金採り体験もできるので、一攫千金を狙ってみましょう。 

砂金採り体験ができる気仙川(住田町)

砂金採り体験ができる気仙川(住田町)

大谷鉱山歴史資料館(気仙沼市)

大谷鉱山歴史資料館(気仙沼市)

このジオサイトの詳細情報サイト

玉山金山跡・被災地ガイドツアー

ジオサイト気仙産金の玉山金山跡を中心に案内...

関連するブログ記事

2016年5月11日

「県の石」が決定しました!!

「県の石」が決定!!   「地質の日」である5月10日に、日本地質学会が全国47都道府県に...続きを読む »

2015年2月20日

大地の記憶生命の軌跡⑭

連載14回目は、住田町、大船渡市、陸前高田市、気仙沼市の4市町にまたがるジオサイト「気仙産金」につい...続きを読む »

マップ