日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

48.気仙沼湾・本吉海岸部

日本屈指の漁港を有する

三陸の海の恵みと畏れに寄り添う気仙沼の暮らし

 気仙沼湾はリアス海岸の良港として知られており、湾の最奥にある気仙沼港はカツオやサンマ、フカヒレなど日本有数の水揚げ量を誇ります。狭い湾口と深い湾奥の間の静かな水面を利用した、カキやワカメの養殖も盛んです。
 東北地方太平洋沖地震の際は、津波とそれにともなう火災によって港や市街地に大きな被害が出ました。漁業の信仰を集める五十鈴神社の神明崎や、震災の地盤沈下と津波によって砂浜が消失した御伊勢浜や大谷海岸、大沢海岸に、三陸の海の恵みと厳しさを日常の暮らしに垣間見ることができます。

豊かな海の幸が揃う

豊かな海の幸が揃う

御伊勢浜

御伊勢浜

このジオサイトの詳細情報サイト

関連するブログ記事

2016年5月2日

大地の記憶生命の軌跡28

連載28回目は気仙沼市のジオサイトについてです。 三陸ジオパークの南の玄関口、気仙沼市。東北地方太平...続きを読む »

マップ