日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

89.今出山金山跡(いまでやまきんざんあと)

ぽっかりと開いた坑道跡が見学できる

今出山(標高756m)山頂近くから三陸町甫嶺(ほれい)にかけ、坑道跡が分布しています。江戸時代には仙台藩直轄だった金山でしたが、古くは平安時代に開発されたと言われています。
1929(昭和4)年より採掘が再開されました。隆盛期には社宅や長屋、大食堂、クラブなどが開設され、映画が毎週上映されたほど、鉱山町が賑わいを見せていました。1943(昭和18)年、金山整備令により休山し、1950(昭和25)年頃一度再開しましたが1955(昭和30)年に再び休山になり、翌年に廃山となりました。現在は事務所跡、映画館跡のほか、ぽっかりと開いた坑道跡が見学できます。しかし、一般見学用には整備されていないため、山道を歩いて見学することになります。

今出山金山跡

今出山金山跡

マップ