日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオブログ

いわてのジオのモノがたり32

連載32回目!
1936年、岩手県大船渡市で日本初のシルル紀化石が発見されました。
発見したのは当時東北大学の卒業論文の課題で大船渡市を訪れていた小貫義男氏です。

>>画像クリックで記事を読む
(より大きく見たい場合は画像を右クリックし、別ウィンドウを開いてください)

いわてのジオのモノがたり_32

シルル紀~日本最古の化石発見~(32回目_8月22日)
※この記事・写真は岩手日報社の許諾を得て、「日報ジュニアウイークリー」から転載しております。無断転載は禁じます。

関連するブログ記事

2016年10月17日

三陸で国立科学博物館の資料が見られます!

国立科学博物館・巡回ミュージアムin岩手「進化の影と光-古生代の大量絶滅と回復-」が8月より三陸を巡...続きを読む »

2016年8月2日

なるほどジオ講座3

あの“地質学者オーイシはかせ”がふたたび!! 「ジオ」をめぐり、さまざまなことを教えてくれる新連載!...続きを読む »

2016年6月27日

なるほどジオ講座2

あの“地質学者オーイシはかせ”がふたたび!! 「ジオ」をめぐり、さまざまなことを教えてくれる新連載!...続きを読む »

2016年6月16日

「県の石」ここに行くと見られます! ②

先日5月11日にお知らせいたしました、「県の石」。 それらの石を見られる施設の御紹介、第2弾です。 ...続きを読む »

2016年5月11日

「県の石」が決定しました!!

「県の石」が決定!!   「地質の日」である5月10日に、日本地質学会が全国47都道府県に...続きを読む »