日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオブログ

大地の記憶生命の軌跡⑧

連載8回目は陸前高田市広田半島の突端に位置する黒崎仙峡と、気仙沼市の唐桑半島の特集です。
石灰岩や泥岩がマグマの熱や波風の浸食、風化を経て独特の景観を生み出しました。
地層の境界を観察できる非常に珍しい場所です。

(あき)

>>記事を読む(画像を右クリックし、別ウィンドウを開いてください)

大地の記憶生命の軌跡⑧
※2014年6月29日付
この記事・写真は岩手日報社の許諾を得て転載しております。

関連するジオサイト

関連するブログ記事

2016年6月27日

なるほどジオ講座2

あの“地質学者オーイシはかせ”がふたたび!! 「ジオ」をめぐり、さまざまなことを教えてくれる新連載!...続きを読む »

2016年5月2日

大地の記憶生命の軌跡28

連載28回目は気仙沼市のジオサイトについてです。 三陸ジオパークの南の玄関口、気仙沼市。東北地方太平...続きを読む »

2016年3月11日

いわてのジオのモノがたり43

連載43回目! 日本一多様な地質時代のジオパーク!! >>画像クリックで記事を読む (より大きく見た...続きを読む »

2014年9月11日

大地の記憶生命の軌跡⑩

早池峰山を形成する地質の古さ、それができた年代の多様性は国内屈指のものです。 ハヤチネウスユキソウに...続きを読む »

2014年9月11日

大地の記憶生命の軌跡⑨

連載9回目は三陸海岸を代表する宮古市の景勝地、浄土ヶ浜です。 特徴的な白い岩肌は、石英を多く含んだ流...続きを読む »