日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

24.重茂半島

本州最東端の地

手付かずの自然が残る三陸の秘境

 重茂(おもえ)半島の魹ヶ崎(とどがさき)は本州最東端(東経142度4分21秒)の地です。灯台と碑が建てられていますが車道が整備されていないため、手前の姉吉キャンプ場に車を停めて歩くこと約1時間、真っ白な灯台が目印です。重茂半島の最高峰である十二神山は、ブナ、スズタケの群落などの樹齢150 年を超える巨木が多く、貴重な原生林が広がっています。また、北部にある月山山頂の展望台からは、宮古湾や浄土ヶ浜、日出島、リアス海岸の美しい海岸線を望むこともできます。

このジオサイトの詳細情報サイト

関連するブログ記事

2016年2月14日

大地の記憶生命の軌跡25

連載25回目は山田町「山田湾」と宮古市「重茂半島」についてです。 山田湾は外洋からの入口が狭く、湾が...続きを読む »

2014年10月1日

「魹ヶ崎ジオツアー」参加者募集!

*三陸ジオパーク推進協議会 魹ヶ埼灯台一般公開連動企画* 「魹ヶ崎ジオツアー」  平成26年10月1...続きを読む »

マップ