日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

34.橋野鉄鉱山

現存する日本最古の洋式高炉跡

鉄のまち釜石のはじまり

現存する日本最古の洋式高炉跡で、幕末から明治にかけての日本の近代製鉄業を支え、国の発展に貢献した遺跡です。幕末から明治期にかけて日本の産業化の先駆けとなった重工業分野(製鉄・製鋼、造船、石炭産業)における産業遺産群「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、2015年7月にユネスコ世界遺産に登録されました。
遺跡周辺は、鉄鉱石採掘場と運搬路、製鉄の要の高炉、水車を利用した送風装置であるフイゴ場など、製鉄の工程を復元できます。また、高炉操業に欠かせない木炭は、周辺地域の森林から製造され、高炉を構成する石組みも周辺の花崗岩を利用しており、この地の恵みを活用し製鉄が行われていたことがわかります。

このジオサイトの詳細情報サイト

橋野鉄鉱山・震災からの教訓・防災学習

ジオサイト橋野鉄鉱山、根浜・鵜住居を案内...

関連するブログ記事

2016年5月11日

「県の石」が決定しました!!

「県の石」が決定!!   「地質の日」である5月10日に、日本地質学会が全国47都道府県に...続きを読む »

2014年6月23日

大地の記憶 生命の軌跡⑥

連載6回目は近代製鉄の父、大島高任によって本格的に開発された釜石鉱山と橋野高炉跡の特集です。 近代化...続きを読む »

関連する動画

マップ