日本ジオパーク認定 三陸ジオパークオフィシャルWebサイト

ジオサイト

44.高田松原

津波により壊滅的な被害を受けた

一変した景観

 高田松原は生い茂る数万本の松原と広田湾に面しゆるやかに弧を描く砂浜からなる国指定名勝でしたが、東北地方太平洋沖地震の津波により周辺の地形や景観は一変してしまいました。被災した建物は津波のエネルギーの大きさや被害を伝える震災遺構として保存し、防災教育への活用が検討されています。道の駅タピック45と高田松原内の陸前高田ユースホステルは津波被害の大きさを伝える遺構として保存されます。松原で唯一流失を免れた「奇跡の一本松」は、塩害で枯死してしまいましたが、保存処理がなされ元の位置に復元され、復興への象徴となっています。

遺構として保存される道の駅

遺構として保存される道の駅

このジオサイトの詳細情報サイト

関連するブログ記事

2016年5月27日

大地の記憶生命の軌跡29(最終回)

連載29回目は震災遺構についてです。 津波の脅威、教訓を如実に語る震災遺構。言葉にはない直接的な「説...続きを読む »

2016年1月8日

いわてのジオのモノがたり39

連載39回目! 将来に教訓を継承する実物、被災遺構。 災害への警戒心を失わないために、災害大国の日本...続きを読む »

関連する動画

マップ